Menu
閉じる
HOME
ご予約のお電話
052-222-6110 交通事故の無料相談 電話:052-222-6110 名古屋市中区丸の内三丁目14番32号 丸の内三丁目ビル 602号室

交通事故のご相談は名古屋の弁護士・堤創(堤総合法律事務所)へ
交通事故弁護士HP名古屋 堤総合法律事務所 弁護士堤創(愛知県弁護士会所属)

報酬金(LAC基準)

ご依頼主様の声 解決事例

料金表

報酬金(LAC基準)

 報酬金とは、事件等の性質上、委任事務処理の結果に成功不成功があるものについて、その成功の程度に応じて受ける委任事務処理の対価をいう。

 報酬金は、弁護士の委任事務処理により依頼者が得られることとなった経済的利益の額(既払金、保険会社からの事前支払提示額及び簡易な自賠責保険の請求により支払が予定される部分は控除する。 ただし、既払金及び保険会社からの事前提示額に含まれるもの以外の自賠責保険相当部分は、手数料を既に受領した場合を除き、当該弁護士が自賠責保険に請求したか否かにかかわらず、別途の基準により手数料方式として請求することができる。)を基準として以下のとおりとする。

経済的利益の額が300万円以下の場合 経済的利益の16% + 税
300万円を超え3000万円以下の場合 経済的利益の10% + 18万円 + 税
3000万円を超え3億円以下の場合 経済的利益の6% + 138万円 + 税
3億円を超える場合 経済的利益の4% + 738万円 + 税

 ただし、委任事務の終了時において、委任事務処理の難易等の事情により、上記の金額が不相当であると認められる場合は、疎明資料を示し、受任弁護士と依頼者が協議の上、上記の報酬金を30%の範囲で増額することができる。
 また、同一弁護士が引き続き上訴審を受任したときの報酬金は、特に定めのない限り、最終審の報酬金のみを受ける。

ページのトップへ