Menu
閉じる
HOME
ご予約のお電話
052-222-6110 交通事故の無料相談 電話:052-222-6110 名古屋市中区丸の内二丁目17番12号 丸の内エステートビル303号

交通事故のご相談は名古屋の弁護士・堤創(堤総合法律事務所)へ
交通事故HP名古屋 堤総合法律事務所(愛知県弁護士会所属)

慰謝料(死亡)

ご依頼主様の声 解決事例

慰謝料(むちうち等) 慰謝料(傷害)
慰謝料(後遺障害) 慰謝料(死亡)

慰謝料(死亡)

慰謝料(死亡)の目安

 死亡慰謝料については、具体的な事情により、増減されるものですが、通称「赤い本」によれば、下記の通り、一家の支柱の場合は総額金2800万円、母親及び配偶者の場合は総額金2400万円、その他の場合は総額金2000万円〜2200万円とされています。
 また、通称「黄色い本」によれば、死亡された方1人につき、総額金2000万円ないし金2700万円とし、一家の支柱が死亡した場合には総額金2700万円とするが、ケースにより総額金2900万円程度まで認めることができるとされています。
 経験上、保険会社は、裁判の基準と比較して、慰謝料を低額に提示する例が非常に多いように感じております。
 示談交渉でも、弁護士が交渉することにより、慰謝料等の増額ができた事例も多くございます。
 なお、慰謝料とは別に、逸失利益が認められる場合もあります。
 慰謝料のことで分からないことがあれば、是非とも、ご相談ください。

一家の支柱 2800万円
母親、配偶者 2400万円
その他 2000万円〜2200万円

※民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準2015上巻(公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部)・通称「赤い本」を参考にさせていただきました。
※交通事故損害賠償額算定基準(公益財団法人日弁連交通事故相談センター愛知県支部)・13訂版・通称「黄色い本」を参考にさせていただきました。

ページのトップへ