Menu
閉じる
HOME
ご予約のお電話
052-222-6110 交通事故の無料相談 電話:052-222-6110 名古屋市中区丸の内二丁目17番12号 丸の内エステートビル303号

交通事故のご相談は名古屋の弁護士・堤創(堤総合法律事務所)へ
交通事故HP名古屋 堤総合法律事務所(愛知県弁護士会所属)

賠償金額の3つの基準

ご依頼主様の声 解決事例

賠償金額の3つの基準

賠償金額の3つの基準

 実は、交通事故の損害賠償の金額には、以下の3つの基準があるように思います。

1. 自賠責保険の基準
 自動車損害賠償責任保険(いわゆる自賠責保険)は、その契約締結を義務付けられている強制保険です。 金額は、法定されており、自動車による人身事故の損害を最低限度保障する保険での基準となります。
2. 任意保険の基準
 任意保険は、その契約締結を強制されていない保険です。 金額は、自賠責保険や裁判等を参考に、保険会社が独自に算定基準を定めているものと考えられます。
3. 裁判の基準
 当事者間で示談がまとまらない場合には、裁判等により、解決されることになります。 金額は、諸般の事情を考慮して判断されますが、ある程度の基準があるものと考えます。

 上記の3つの基準により算定された賠償金額は、しばしば、

1.自賠責保険の基準   <   2.任意保険の基準   <   3.裁判の基準
 となります。

 残念ながら、多くの例で、保険会社は、被害者に知識がないのに乗じて、裁判等になればもっと保険金を払わなければならないことが分かっていながら、1.や2.を参考にした低い金額を提示してくるのです。

 「有名な保険会社が提示した案だから、間違いないだろう。」と思われるお気持ちは分かりますが、現実は厳しいものです。

 保険会社の担当者から、「当社の基準では○○円となっています」「これ以上、支払うことができません」などと言われたとしても、示談交渉や裁判等の結果、増額した内容で最終的な解決が図られることも決して少なくありません。 不安や不満を感じられる場合は、弁護士にご相談されることをお薦めいたします。

ページのトップへ